2010年06月19日

ノーマライゼーション

障害のある者が障害のない者と変わらない普通の生活を送れるような社会へ改善することであり、地域社会が障害者を差別なく受け入れるような成熟した社会を作ろうとする思想または運動である。

国際的にはデンマークのバンク・ミケルセンがノーマライゼーション運動を起こしたことで知られる。
ほか、スウェーデンのニィリエや、アメリカやカナダで活動したヴォルフェンスベルガーが有名である。

ニィリエの原則では以下のような主張が行われた。
1.社会との交流、通常の生活で体験する1日の生活リズムの実現
2.一生涯における正常な発達機会の保障
3.知的障害者の無言の願望や自己決定の尊重
4.男女両性のある世界での生活
5.正常な経済的水準の保障
6.家族との共生を含む正常な住環境の保障

バンク・ミケルセンの活動が始まった1950年代以降、ニィリエやヴォルフェンスベルガーの活動もあって全世界に運動が広がっていった。
posted by トモロウ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39042153

この記事へのトラックバック