2010年05月26日

精神保健福祉に関する年表

ここでは、精神障害者や精神科病院などに関係する歴史的事柄を年表という形で示してみたいと思う。
歴史的事件の時代背景や順序、精神科医療がどのように変化してきたのかを理解するのに役に立つのではないかと思う。

1883年(明治16年)
・相馬事件
精神病で監禁された中村藩主の相馬誠胤を、藩士が家族による不当監禁として告発した。精神病者の監護手続きが問題となる。

1900年(明治33年)
・精神病者監護法公布
人権保護や治療が目的ではなく、法によって精神病者を隔離することに主眼がおかれた

1918年(大正7年)
・第一次世界大戦の終戦

1919年(大正8年)
・精神病院法公布
私宅監置から病院での医療を目指すが、戦争のせいか効果は薄かった

1929年
・世界大恐慌
世界各国で経済不況が発生する

1939年
・レイン報告
コミュニティ・オーガニゼーションの基本的な体系をまとめ、その目標を「資源とニーズを調整すること」とした

1945年(昭和20年)
・第二次世界大戦の終戦

1950年(昭和25年)
・精神衛生法公布(精神病者監護法と精神病院法廃止)
私宅監置の禁止

1964年(昭和39年)
・ライシャワー事件
3月に精神障害を持つ少年にアメリカ大使のライシャワー氏がナイフで刺され重症を負った。

1965年(昭和40年)
・精神衛生法改正
精神障害者に関する申請通報制度の強化、緊急措置入院の新設など

1968年
・シーボーム報告
地方自治体におけるソーシャルワークの関連部局を統合すべきであると提言した。

1973年(昭和48年)
・Y問題
ワーカーや精神病院が人権を無視する形で合法的に人を強制入院させてしまった。

1978年
・ウルフェンデン報告
社会サービスをインフォーマル部門、公的部門、民間営利部門、民間非営利部門の4つに分け、「福祉多元主義」を打ち出した。

1982年
・バークレイ報告
インフォーマルな社会資源を含めたネットワーク活用・開発・組織化を行う「コミュニティソーシャルワーク」が提唱された。

1983年(昭和58年)
・宇都宮病院事件
宇都宮病院で職員の暴行により患者2名が死亡。閉鎖的な精神病院内での違法行為も注目を集めた。

1987年(昭和62年)
・精神衛生法が精神保健法へ改められる
任意入院制度の新設など患者の人権に対する配慮が盛り込まれる。

1988年
・グリフィス報告
自治体の役割に「マネジメント」が必要であることや、高齢者施設入所の財源を地方自治体へ移譲、市場原理による企業・ボランタリー組織のサービスを促進するなどが提唱された。

1993年(平成5年)
・精神保健法改正
精神障害者の定義変更、グループホームの法定化、保護義務者から保護者へ名称変更、大都市特例の規定などが盛り込まれた。

1995年(平成7年)
・精神保健法から精神保健福祉法へ改称
「自立と社会経済活動への参加の促進のための援助」という福祉の要素を位置づけた。精神保健福祉手帳制度の創設。障害者基本法の制定とのマッチングなど。

1999年(平成11年)
・精神保健福祉法改正
医療保護入院の要件明確化、移送制度の新設、保護者の自傷他害防止監督義務規定の削除などの負担軽減など

2005年(平成17年)
精神分裂病を統合失調症に改めた、障害者自立支援法との連携、精神障害者通院医療費公費負担制度の規定を削除、特定医師の導入など
posted by トモロウ at 00:12 | TrackBack(0) | 試験勉強